シェフに聞く「ウチの店の地産地消」02

ビストロ酒場Marine Club
 竹田直人シェフ

地産地消レシピ
2020.11.28

ビストロ酒場Marine Club
 竹田直人シェフ

あえて「地産地消」と謳っているメニューはないのですが、実はウチで使っている食材のほとんどは横浜や神奈川県内産です。地場産は鮮度がよく瑞々しい。素材の味が損なわれないうちに調理できるのが魅力です。
「横浜野菜のフリット」「神奈川野菜のバーニャカウダ」、はまポークを使った「田舎風パテ」は特に人気です。

ビストロ酒場Marine Club
 竹田直人シェフ

食材は直接、メルカート(JA横浜の直売所)や横浜中央市場などに足を運んだり、農家さんに伺ったりして自分の目で見て選びます。丹精込めて作られ自分が選んできた野菜ですから、旬の味を最大限に引き出し、存在感を出すよう心を込めて調理しています。デザートは全て、その他ジンジャーエールなども手作りにこだわっています。
洋食で地元食材をウリにする店は少ないと思うのですがあえてそこを目指しています。パリにあるようなビストロ…リーズナブルでコスパが良く、地場の食材をふんだんに使って地元の人に愛される…そんな店にしていきたいですね。

※ 横浜野菜のフリット¥680「神奈川野菜のバーニャカウダ¥680田舎風パテ¥680(いずれも税別)

Restaurant Info.

ビストロ酒場Marine Club HP